今年の冬の厳しさには絶句する。気温の低さ、雪の量、暴風…
 雪かき作業は冬の健康維持の為の運動の一つと思っていたが連日数回に及ぶと足腰・腕の疲労と共に精神的ストレスが大きい。
 道路は狭くなり車の移動は通常の2~3倍の時間を要する。今年の冬はどうなってしまったのか?
 先日は当支部の道場のある江別市でJR電車が半日に及ぶ立ち往生。江別道場の指導員に聞いたところ腰まで雪が積もったらしい。
 3月2日(土)には低気圧の影響で暴風雪となり8名の死亡者が出た。札幌も視界が悪く、かなりの強風と雪が吹き荒れた。札幌の積雪量も1メートルを超えている。全く異常気象だ。
 まだ遠い春を心待ちにこれからも風雪に耐えて頑張るしかない。
スポンサーサイト