FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 1月22日(日)江別市東野幌体育館多目的室で今年初めての日曜稽古会が行われた。
 小中学生4名、一般部9名が参加した。

 今年は毎日全国的に厳しい冬の状況が報道されている。北海道も岩見沢市が全国ニュースになっているが隣接する江別市もかなりの雪の量で驚いた。

 そんな雪と寒さに負けじと活気に満ちた稽古会が行われた。
 基本の後、型セーサンを重点的に行った。昨年末にセーサンを覚えた子供たちも手数はしっかり覚えたようだ。
 少林寺流の鍛練型であるセーサンは呼吸法・力の強弱・運足(歩法)などを学ぶ。
 空手の本質は型にあり、体で覚えることが大切である。初心者は渾身の力を込めることから学び、上級者からは力の集中と弛緩に意識することが求められる。

 「楷書の稽古であること」「型の稽古は鍛練法である」「上達の近道は平凡な基本(型)の反復練習」など開祖仲里常延先生が遺してくれた教えが全てである。
 続いて古武道(棒術・トンファー術)・組手の練習と約3時間半の稽古会があっという間に終了した。

 2月は19日札幌市北区体育館多目的室にて開催します。

 

 
スポンサーサイト
2012.01.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://toshukuuken.blog47.fc2.com/tb.php/225-098cd742

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。