FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 北海道支部は9月に開設から5年目を迎えた。4年前武道界から身を引いて間も無く一冊の月刊誌に目が止まり故仲里常延先生と出会う機会を授かった。ほぼ同時に首席師範や数人の強い要望が追い風となり北海道支部開設の方向へと導かれた。勿論仲里常延先生を始め総本部師範の方々のご厚情とご支援を賜った結果であることは言うまでもない。
 約30年所属していた武道団体を苦悩の末退会したという出来事が無かったように目に見えない大きな力が働き新しい体制が整ってしまったというのが本音である。

 予想もしなかった出会いや恩恵を受けながらあっという間に丸4年間が経過した。
 あまりにも順調に新しい体制が整ってしまい北海道支部開設の経緯、目的、方針を充分理解できぬまま籍を置いている者の存在が露呈してきた。

 開設当初は新しい型を覚えることで皆が活気有る稽古をしていたが、型の手数を覚えた頃から徐々に稽古に身が入らない者や行事に積極的に関わらない者などが続出した。空手に対する価値観の違いや仕事、家庭の事情を理由に去っていく者や休部を申し出る者がいた。

 私が宗家先生から北海道支部の長として認可されていても未熟であることは充分自覚している。また、人それぞれ空手道に対する価値観が違うことや仕事、家庭の事情があることも充分承知している。
 しかし、北海道支部開設当時に一切勧誘活動はしていない。前所属団体から移行してきた参段以上の人達は自らの意思で支部長に師事することを決断し入門してきたのが事実である。

 9月宗家仲里常延先生がご逝去され少林寺流の大きな節目を迎えた。この機を北海道支部においても初心に返る機会ととらえ支部開設の初志を貫くと同時に今後の活動の為に「リセット」する決意をした。
  
 今回の「リセット」には北海道支部の幹部とも言える参段以上の人達にも改めて自分の将来を考えて欲しいという願いが含められている。この機会に全てを白紙に戻し、仕事、家庭、空手道の価値観などを真剣に考え、自分の将来を考えて欲しいのである。もし、それが他の道を進む選択であってもかまわない。自分にとって本当に必要な道を選んで欲しい。

 間もなく求道館北海道支部がリセットされ新たな門出を迎えるであろう。 
スポンサーサイト
2010.11.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://toshukuuken.blog47.fc2.com/tb.php/186-2e1919b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。