FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 少林寺流開祖仲里常延先生が9月7日午後4時16分肝内胆管がんの為入院中の那覇市内の病院でご逝去された。

 いつかこの日が来ることは分かっていたが沖縄からの知らせに言葉を失った。

 4年前全ての武道団体から脱退し、一度は武道から身を引いた。しかし、一冊の月刊誌によって仲里常延先生とご縁を頂くこととなった。この月刊誌への掲載は先生の意向で没になるものだったらしい。もし少林寺流の記事が掲載されなければ仲里常延先生との出会うことは出来なかった。このご縁は奇跡的なものであるとあらためて感じている。
  2010+Apr+in+Okinawa+105_convert_20100919183734.jpg 
 この4年間出来る限りに沖縄へ出向き先生のご指導を仰いだ。しかし、今年の4月の稽古が最後となってしまった。札幌に帰る日、滞在最後の稽古を空手着姿でご指導頂いた。そしていつものように道場の玄関横にある石塀に腰掛け見送って下さった姿が目に焼きついている…。

 これから少林寺流の歴史の節目となり新しい風が吹くことになる。先生の教えを魂に刻み、先生の遺志を護り絶やさないことが弟子としての使命であることは分かっているが…。先生との別れはとても寂しく、辛く、悲しい…。 

 先生のご生前のご厚情とご指導に深く感謝申し上げると共に心からご冥福をお祈り申し上げます。合掌。
スポンサーサイト
2010.09.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://toshukuuken.blog47.fc2.com/tb.php/176-bb9cec13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。